会長の岩田喜美枝がJICAの中米統合機構および地域女性省等高官招聘プログラムにおいて講演を行いました

  2017年2月下旬から3月上旬にかけて、独立行政法人 国際協力機構(JICA)の「女性の経済的自立支援推進」をテーマとした招聘プログラムで中米統合機構(SICA)の代表者および中米・ドミニカ共和国のジェンダー担当の方々が来日され、3月6日にプログラムの一環として当財団会長の岩田喜美枝による基調講演が行われました。

 「女性の経済エンパワーメント―日本の企業の挑戦・取組み―」と題し、日本の働く女性を取り巻く状況や働き方の課題などについての話に、みなさんが熱心に耳を傾けている様子がうかがえました。


2017/3/6岩田講演
2017/3/6岩田講演


  講演の合間には多くの質問も挙がりました。少子高齢化による労働力減少と出生率を上げるための施策について、岩田からは「北欧諸国など女性労働力率の高い国では出生率が高く、日本においても女性労働力率の高い都道府県の出生率が高い。これは、子育てしやすい環境をつくることが出生率の向上につながり、女性の労働市場への参加につながることを意味しています。つまり、女性活躍推進と少子高齢化の課題解決は同じ方向を示しているということなのです」との話がありました。

※活動実績一覧へ