オーダーメイド研修 実施報告

パナソニックコンシューマーマーケティング(株)様で「管理職のためのダイバーシティマネジメント&ハラスメント防止研修」を開催しました

<開催日>2019年11月9日、12月14日(東京)


 パナソニックコンシューマーマーケティング株式会社様で「管理職のためのダイバーシティマネジメント&ハラスメント防止研修」を開催しました。

 昨今組織における人材多様化が進んでいますが、そのマネジメントを通じて、新たな競争力を構築し、イノベーションを起こすことが管理職には求められます。

 その一方、多様な価値観を持つ人材間では、各自が持つ固定的な「べき」論からハラスメントが起きがちです。

 当社では、多様な人材をマネジメントする管理職が部下一人ひとりを活かして成果を最大化するために「ダイバーシティマネジメントの基本」とともに「ハラスメント防止」の知識を併せて学びました。

 冒頭、ダイバーシティマネジメントの概論について講師から説明し、受講者に「多様な人材のマネジメントで困っていること」について意見交換していただきました。「介護中の人、若年層、精神的障がいのある人などとのコミュニケーションに苦労している。ベテランの体力の衰えが問題になることも多い。」などの意見が出ました。

 続いてダイバーシティ推進やハラスメントの弊害となるアンコンシャスバイアスについてクイズやチェックリストを使用し気づきを得た後、ハラスメント防止について管理職が知っておくべきことを学びました。

 最後に多様な人材が活躍できる組織とハラスメント防止のための行動宣言を一人一人にしていただきました。


191109PCMCa.png

<内容>

  1. 多様な部下を活かして成果を最大化するマネジメントとは
  2. 多様な人材の活躍を阻害するもの
  3. ハラスメントの概要
  4. 職場におけるハラスメントの種類と定義
  5. 多様な人材の活躍できる組織とハラスメント防止に向けて
参加者の声

e_title_118.png 事例をもとにグループワークで議論することで、より深く理解することができました。

e_title_118.png 意識なく発言してしまうことがハラスメントにつながることを理解し、言動と行動に注意していくことを確認できました。

e_title_118.png ハラスメントは該当者だけでの問題ではないということを改めて認識しました。


相談担当者研修ベーシック編開催情報へ貴社のご要望・課題解決に向けたプログラムを提案いたします。<オーダーメイド研修のページへ>