<公開セミナー>新型コロナウイルス感染症への対策について


  1. 会場にはアルコール消毒液を設置し、講師、受講者、事務局に対し入室時の手指の消毒を徹底します。
  2. 通常時の会場定員から1/2程度まで受講者数を制限し、受講者間に十分な距離を確保します。
  3. 講師・受講者・事務局ともに、マスクまたはフェイスシールドの着用を必須とします。
    グループディスカッション、ロールプレイを伴う研修の場合は受講者全員にフェイスシールド着用 (財団より配布)を必須とします。
  4. 出入口・窓を定期的に開放し、換気を行います。
  5. 講師、事務局とも当日の検温を実施します。
  6. 受講者には受付時に検温チェックを実施し、37.5度以上の発熱や風邪症状等の不調がある場合は参加をお断りさせていただきます。また参加後であっても体調不良のお申し出があった場合はご退室いただきます。